サブスク×パーソナライズは新常識となるか?

サブスクリプション(以下、サブスク)は料金を支払うことで契約期間中にサービスを受けられる仕組みのビジネスモデルです。
SaaSビジネスやクラウドサービスだけでなく"モノ"を対象にしたサービスも増えてきています。
所有する時代から共有する時代へと変化しているということですね。

新聞など定額料金を支払うことで"何か"を届けるサービスは昔からありますが、最近だと過去のデータの分析結果や、AIを利用して1人1人に合わせたサービスを提供するなど、最新テクノロジーを生かしてパーソナライズ化が進んでいます。

色んな業種業界でサブスクビジネスが展開されている中で、ただ単なるサブスクサービスとして提供するのではなく、個人に合わせてサービス提供をすることで他との差別化を図っているのかもしれません。

ここでは、サブスクとパーソナライズ化が融合したサービスの一例をご紹介します。

海外のサービスもあり今すぐ利用できないものもありますので、ご注意ください!一緒に日本上陸を待ちましょう。
調べてみると消費者として試してみたいと思うようなサービスばかりでしたので、ぜひみなさんも参考にしてみてください。
(パーソナライズ度は筆者個人の見解によるものです)

サブスク×パーソナライズ事例

zenamins:サプリメントのサブスク

zenamins.png

出典:https://zenamins.com/

月額:29.99ドル~
パーソナライズ度:★★★★★
生活習慣や本人の身体の問題に関する質問に回答すると、
その回答結果から配達するサプリメントの組み合わせを決める。
その時の身体に必要かつ最適なサプリメントを届けることができる。

筆者所感:
日本だとサプリメントはまだまだ利用している人は少なく20%程度だとも言われていますが、アメリカではサプリメントの利用率は77%にものぼります。利用率の高いアメリカならではのサービスかと思いきや、日本でもサプリメント業界は伸びつつあると見られています。
私もビタミンCなどのサプリを摂取していますが、自己判断でサプリメントを選ぶのは難しかったり、飲み合わせの危険性も払しょくできません。日本向けのサービスも少しずつ出てきているようなので、ぜひ探してみてください。

SCENTPICK:香水のサブスク

SCENTPICK.png出典:https://scentpick.jp/

月額:1,680円~
パーソナライズ度:★★★★☆ 
500以上の香水から自分の好きな香りを選択できる。
いくつかの質問に答えることで、好みに応じて自動で選んだものを届けてもらうことも可能。

筆者所感:
香水って一瓶使いきるってめっちゃ大変じゃないですか?私は使いきった経験ありません...。
購入する際にいいなと思っても、自分の体調等でコロコロ変わる体臭と馴染ませるのも難しかったり...。
その時の気分に合わせた香水が使いきれるサイズで届けられるのはとてもよいと思います。
持ち運びもしやすいサイズなので女性だけでなく荷物の少ない男性でも使えそうに感じました。

MEDULLA:シャンプーのサブスク

MEDULLA.png出典:https://medulla.co.jp/

月額:月額6,800円~
パーソナライズ度:★★★★☆
自分の髪質やなりたい髪、好みのカラーや香りを選んで個人の処方箋を作成。
処方箋に合わせて専門家がブレンドしカスタマイズすることができる。
HP上で無料診断も可能

筆者所感:
市販のシャンプーで自分に合うものを探すのは骨が折れます。かといって、美容院で高いサロン専売シャンプーを買っても自分に合うかは使い続けないと分かりません、そんなときに、自分の髪質やなりたい髪に応じて必要な成分をブレンドしてもらえるサービスはとても魅力的です。また、髪の長い方であれば分かると思いますが、髪を洗っている時から始まり、乾かす時、朝起きた時、それぞれのタイミングで自分の髪の香りって気になるものです。自分好みのシャンプーの香りまで選べるのは嬉しいポイントだと思います。

Optune:スキンケアのサブスク

optune.png

出典:https://www.shiseido.co.jp/optune/

月額:10,000円~
パーソナライズ度:★★★★★
専用アプリで肌状態を測定し、環境データを自動収集、そのデータをクラウド上で分析し8万通り以上のお手入れパターンから今の肌にぴったりのケアを決定。
専用マシンに連携され、美容液が抽出される。

筆者所感:
話題になった資生堂が提供するパーソナライズスキンケアですね。これは個人的にすごく気になります!
アプリで今日の肌の調子(キメや水分、皮脂、毛穴)を毎日チェックできるのも面白いですよね。
スキンケア成分が抽出される専用の機械を自宅に設置する必要があり、その時に必要な分のみ抽出されるとのことなので、ユーザーさん曰く、「旅行の時は困る」らしいです。とはいえ、試してみたいです。

snaq.me:おやつのサブスク

snaq.me.png
出典:https://lp.snaq.me/

月額:1,980円
パーソナライズ度:★★★★☆
毎月変わる100種類以上の"ナチュラルスナック"が食べきりサイズで8種類届く。
おやつ診断で好みを探り、スナックの内容は手元に届くまで分からない。
喜びや感動、発見とともにサプライズをお届けするのがモットー。

筆者所感:
おやつってその日の気分で買っちゃうんですけど、大人になってから白砂糖とか添加物とか気になりだしてパッケージ裏の成分表を見て棚に戻し、その日の気分じゃ買えなくなってくる・・・ってあるあるですよね!?
・・・それがあるあるではなくても、"体にいいおやつ"が届くのは大人の女性のみならず、嬉しいことだと思います。
あと、美味しいおやつをちょっとずつ、というのが食べ過ぎず満足感を満たしてくれるので自分へのご褒美にやってみたいですね。

CLR BAR:プロテインバーのサブスク

CLR BAR.png出典:https://clrbar.com/

月額:1,200円~
パーソナライズ度:★★☆☆☆
添加物、砂糖、合成甘味料などを含まない植物性由来の原料のみを利用したプロテインバー。
12フレーバーから好きなものを選んで届けてもらえる。
1本あたりのプロテイン含有量は8g程度。

筆者所感:
プロテインバーのサブスク!ついにきました。スーパーに行ってもコンビニに行っても、「タンパク質含有量〇グラム」という表示のパッケージ増えたと思いませんか?
そう、いまは空前のプロテインブーム!ギリシャヨーグルトも"濃厚さ"ではなく"プロテイン量"を推す時代になってきました。
とはいえ、まだまだ筋トレのお供というイメージからか、男性向けの強めのデザインが多い気がします。
このCLR BARはおしゃれで洗練された優しいパッケージです。女性がカバンに忍ばせておけるようなデザインをイメージしたそうです。こちらも自然派の原料からできているので、添加物を気にする方も安心ですね。

airCloset:洋服のサブスク

airclo.png
出典:https://www.air-closet.com/

月額:6,800円~
パーソナライズ度:★★★★☆
洋服のサイズや体系、好みのテイストをスタイリングカルテに集計。
感想のフィードバックをもらうことで次のスタイリングのパーソナライズ精度を高めている。

筆者所感:
実際に使っていた人が身近にいたのでレビューを聞きました。
スタイリングリストから好みのテイストを選ぶとそれに似た服が送られてくるとのこと。自分セレクトだと手を出さないような服も送られてきて挑戦できたり、色んな服をお試しで着られるのがよかったとのことです。
私も仕事用の服でクローゼットの中がいっぱいになるのは嫌なタチなので、利用してみようかなと考えているうちのひとつです。

まとめ

いかがでしたか?

個人向けのサブスクリプションサービスは調べただけでもたくさんありました。
上記に挙げたもの以外でも類似のサービスはあるかと思います。

サブスクリプションは継続してこそのビジネスモデルですので、
サブスクとパーソナライズ化はかなり相性のいい考え方かと思います。
いずれもこれからユーザー目線の使いやすいサービスにもっと磨きがかかっていくのではないでしょうか?

サブスクリプションの個人向けサービスにはパーソナライズ要素が不可欠になっていくかもしれません。

※記載の情報は2020年6月時点のものとなりますのでご注意ください。

業務に活かせる無料資料をこちらからダウンロードできます!

BtoBサブスクビジネス 管理システム選定のポイント

img_useful.png

BtoBのサブスクビジネスの課題となる料金体や請求のタイミング、再販のモデルなどの管理の課題解決をホワイトペーパーでご案内しております。

この記事のライター
サビ研編集部 オプロボット
サビ研編集部 オプロボット

サブスクリプションビジネス研究のため、サブスクの情報だけを発進し続けます。

この記事のライター
サビ研編集部 オプロボット
サビ研編集部 オプロボット

サブスクリプションビジネス研究のため、サブスクの情報だけを発進し続けます。

ページトップへ