個人のサブスク収益YouTubeチャンネルメンバーシップ

本日は個人のサブスクビジネスについてです。

個人が生計を立てるレベルの収益化を作っているYouTube。ユーチューバーという言葉ができるほど人気で現在はテレビを視聴する時間よりもYoutubeを観る時間の方が長い方も多いのではないでしょうか。

ユーチューバーの収益の原資は広告収入になりますが、ここ数年で広告モデルではなく、毎月定額のサブスク型で収益を得られるプログラム、チャンネルメンバーシップが流行ってきていますので、どのようなものかご紹介します。

YouTubeのチャンネルメンバーシップとは?

チャンネル メンバーシップとは、視聴者が毎月料金を支払うことによってチャンネルのメンバーとなり、バッジ、絵文字、その他のアイテムなどのメンバー限定の特典を得られる制度です。

ユーチューバーがチャンネル登録をお願いしますと購読を促しますが、このサービスを提供しているチャンネルはそのとなりにメンバーになるというボタンが設置されています。

youtube_jpg

これは会員限定の情報をクローズドの環境で提供するオンラインサロンと似たような収益モデルになりますが、YouTubeのチャンネルメンバーシップでは以下の特典を用意しています。

  • メンバーのみが利用できる公開バッジ
  • チャットでのハイライト表示
  • メンバー限定記事へのアクセスメンバー限定記事へのアクセス
  • メンバーだけがチャットで使用できる公開カスタム絵文字
  • メンバー専用チャットへのアクセス

上記のプライベートな設定はチャンネルが提供している場合のみ利用することができるような設定ですが、数千、数万といった登録者がいるチャンネルではユーザがチャンネル側と深く繋がることができます。


メンバーシップが設定されているチャンネル例

youtube_fan.jpg

サービスの登録方法や運営側に必要な要素は下部にYouTubeの参考リンクを置きましたのでそちらでご確認ください。

個人が個人へ提供するビジネスモデル

このサービスによりユーチューバーはチャンネル登録数や情報カテゴリによって表示される広告の変動収益に依存することなく毎月定額の収益が得られるようになりました。

私がサブスクビジネスの観点から興味を持ったポイントをいくつかご紹介します。

5つまでのメンバーシップ レベル

複雑な課金モデルになってしまうとユーザはエントリーしづらい。プランが少な過ぎると特典の強弱が付けられない中、5つまでレベル設定ができるようです。レベルごとに異なる価格を設定し、価格ごとに異なる特典を提供することができます。

チャンネル閲覧時、チャットなどで発進する際にはこのメンバーシップが自分だけでなく他のユーザからも分かるようになっています。

ライブ配信などでメンバーシップレベルの高いユーザとチャンネル側が親密にやりとりがあると他のユーザもレベルを上げたくなりますし、メンバー側も満足感を高めることができます。

月額90円から提供することができる課金モデル

さすが世界でサービスを提供しているYouTubeといったところですが、世界中の通過での料金表が設定されています。

USDで月$0.99、日本円で90円から利用できるようになっています。ちなみに最高額は日本円で月額12,000円のようです。

アマゾンプライムのように企業が個人向けに用意するサービスは月額300円でもかなり満足度の高いコンテンツを用意することが可能です。
それに比べて個人が発進するコンテンツが月額300円スタートだと敷居が高く、課金する価値を得られるか躊躇してしまいます。

そういった意味では個人が発進するコンテンツを約1ドルからスタートできるのはアメリカのチップの感覚かもしれませんが、参加もしやすく良い価格設定だと思っています。

個人が個人へ継続的にリーチするYouTubeの仕組み

YouTubeはテレビなどの一方的に配信しているマスメディアとは異なり個人が個人へ届ける情報メディアです。

また、テレビのチャンネルのようにリモコンでなんとなくグルグルまわして観るというものではなく、ユーザが選んでアクセスしなければ視聴されません。

そのためにYouTubeも収益を得る事業者としてユーザ目線であるいつでも解約できる仕組みを提供しつつ、ユーザに飽きられないように成功の秘訣も提供しています。

ビジネスをスケールさせるためにはYouTubeクリエイターアカデミーのように仕組みを作ること、そしてウェブで分かりやすく発進することの大切さに気づかされます。


筆者もこのメンバーシップを利用して海外のユーチューバーのメンバーシップになっています。
マスメディアでは得られない個人の情報には価値がありますので、知りたい情報に対してサブスク課金をしています。

オークションなどの個人売買が一般的になるように個人間のサブスクもYouTubeのようなビジネス基盤を利用してますます広がりそうです。

参照元:

業務に活かせる無料資料をこちらからダウンロードできます!

BtoBサブスクビジネス 管理システム選定のポイント

img_useful.png

BtoBのサブスクビジネスの課題となる料金体や請求のタイミング、再販のモデルなどの管理の課題解決をホワイトペーパーでご案内しております。

この記事のライター
吉田 順一
吉田 順一

株式会社オプロ セールスコンサルティング本部 本部長
サーバ・ネットワーク構築の会社を経営していた時代にビジネスモデルをシステム構築からサブスクモデル (クラウド)へ事業転換。
現在はサブスクリブション型ビジネスの事業開発及セールス部門の責任者をしています。

この記事のライター
吉田 順一
吉田 順一

株式会社オプロ セールスコンサルティング本部 本部長
サーバ・ネットワーク構築の会社を経営していた時代にビジネスモデルをシステム構築からサブスクモデル (クラウド)へ事業転換。
現在はサブスクリブション型ビジネスの事業開発及セールス部門の責任者をしています。

ページトップへ