サブスク事業は約半数が既存ビジネスからの移行
64%が「サブスクリプションビジネスをはじめて良かった」と回答

サブスクリプションビジネスに関する実態調査を公開

さまざまな業種業態のサブスクリプション型サービスが拡がりを見せ、「サブスク」という言葉が多くの方に認知されるようになってきました。サブスクリプションビジネスは、今後さらなる市場拡大が予測されています。そこで、サブスクビジネス研究所では、サブスクリプションビジネスを展開している企業のサービス提供状況や、バックオフィスの管理に関する課題、管理システム導入状況などについての実態調査を実施しました。

目次

  • サブスクリプション型サービスの提供状況
  • 管理面の課題とシステム導入状況
  • サブスクをはじめるべきか否か
  • 調査概要
  • 調査データのご利用について

サブスクリプション型サービスの提供状況

サブスク型の事業をしている企業は約3割

Q1.png

「サブスク」を利用する消費者や企業が増える一方、サブスクリプション型の事業を自社で提供している(する予定含む)と答えた方は全体のうち32%でした。事業としてサービス提供している企業はまだ多いとは言えません。現状は、新規事業の立ち上げ、もしくは自社の商品・サービスがサブスクのビジネスモデルに適用できるかを模索・検討している企業が多いと考えられます。

以降はサブスクリプション型の事業を「している」「する予定」と回答した方の調査結果を見ていきます。

企業が提供しているサービスはSaaSが圧倒的

Q2.png

提供している(する予定)サブスクリプション型サービスの内訳は、「SaaS(ソフトウェア提供)」が135人と、圧倒的に多い結果となりました。これはSaaSがインターネットを介して提供するサービス形態であるため、導入が比較的容易であることが要因のひとつではないかと考えられます。また、SaaSを利用することで、企業は、顧客の利用実績データを取得し分析やサービス向上に活用することができます。そのための機能実装も比較的実現しやすいことから、サブスクビジネスをはじめやすいサービス形態であると言えるでしょう。

サブスク事業は「新規ビジネス」と「既存ビジネス」がほぼ二分

Q3.png

サブスクリプション型の事業が「新規ビジネス」か「既存ビジネスからの移行」かを聞いた質問では、「新規ビジネス」が51%、「既存ビジネスからの移行」が49%という回答結果となりました。
新規ビジネスとして新しいサブスクサービスを立ち上げる場合、ユニークなアイディアを採用することができる、成功すればビジネスの裾野が広がるといったメリットがある反面、開発コストがかかる、軌道に乗るまである程度時間を要するなどのリスクがあることを認識した上ではじめることが求められます。
一方、既存ビジネスをサブスクモデルに移行する場合、既存のノウハウやブランド力を流用できる、ビジネスの早期立ち上げがしやすいといったメリットがあります。またコスト面においても、既にある商品・サービスをそのまま流用できるケースが多く、開発コストを削減してビジネスをはじめることができるのも利点となるでしょう。

続いて、サブスクリプションの管理面における課題、管理システムの導入状況、そしてシステムに求められる機能について調査結果を見ていきます。

管理面の課題とシステム導入状況

管理面の課題は「契約変更・更新」「価格の管理」が1位2位

サブスクリプション管理のどの業務に課題を感じているか?という質問には、「契約変更・更新」「価格の管理」が回答の上位1、2位を占める結果となりました。
サブスクリプションモデルは利用者側のメリットとして、

  • 利用者の要望に合った料金プランを選ぶことができる
  • オプションを組み合わせてカスタマイズできる
  • プランの変更、解約がすぐにできる

などがあげられます。

続きをご覧になりたい場合は
以下より無料eBookダウンロードしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

eBookCTA.png

ページトップへ