サブスクのマイカーリースとカーシェアの組み合わせで次世代モビリティサービスを実現

次世代のモビリティサービス実現への挑戦

"先駆者に聞く"では、サブスクビジネスのサービス提供をされている企業様に、サブスクビジネスを始めたきっかけやサブスクビジネスを成功させる秘訣などをインタビューを行います!
記念すべき第1回目は、株式会社DeNA SOMPO Mobilityおよび株式会社DeNA SOMPO Carlifeで新しいクルマの利用に関するビジネスを展開している太田直樹氏です。 カーシェアサービス、マイカーリースのビジネスに携わる中で、太田氏が心がけていることについてお話を伺いました。

※本インタビューは2020年6月に実施されたものです。

Q:最初に太田さんが携わっている2つの会社のビジネスについて教えてください。

DeNA SOMPO MobilityDeNA SOMPO Carlifeは、2019年3月にDeNASOMPOホールディングスの合弁会社として誕生しました。
DeNA SOMPO Mobilityは、DeNAが展開していた個人間カーシェア「Anyca(エニカ)」事業を引き継ぎ、運営をしています。

Anycaとは、クルマを使わない間にシェアしたいオーナーと、必要な時に好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングする個人間カーシェアサービスです。

Anyca.png

※スマートフォンアプリ上のイメージ画像です。
アプリで現在地や指定したエリアのシェア可能なクルマを確認し、
予約まですることができます。

一方で、DeNA SOMPO Carlifeは、誰もが気軽に、ライフスタイルにあわせて新車を選べるクルマ定額サービス(マイカーリース )を「SOMPOで乗ーる」というサービス名で損保ジャパンの代理店を通じ、提供しています。

SOMPOでのーる.png

※HPのイメージです。

2社のビジネスを組み合わせることで、クルマの維持費を軽減した定額サービスを目指し、挑戦しています。

どのようなサービスかと言いますと、例えば「SOMPOで乗ーる」でアルファードをご契約いただく場合、月々約6万円の料金になります。アルファードは「Anyca」において人気のあるクルマなので、東京23区であれば月平均4万円程度カーシェア料金を受け取れる可能性があります。

DeNA様記事用-画像.png

結果として、新車のアルファードに月々2万円で乗れるような世界を2社のサービスで作っていきたいと思っております。

もちろん「SOMPOで乗ーる」、「Anyca」ともに単独でご利用いただけるサービスです。

Q:2つのビジネスに太田さんはどのように関わっているのですか。

1N1A1706.JPG

2社の会社立ち上げから携わらせていただいております。

私は、損保ジャパンに2008年に新卒で入社し、約10年様々なチャネルの営業を担当してきました。その後、2018年4月にビジネスデザイン戦略部に配属になり、今回の事業検討に携わり、ジョイントベンチャーの立ち上げをさせていただきました。

現在は、DeNA SOMPO MobilityDeNA SOMPO Carlifeに出向という形で両社に籍を置いています。2社では、ビジネスの企画・推進に携わっております。

DeNAの強みであるAI(デジタル)や事業構築力、そしてSOMPOホールディングスの強みである安心・安全、顧客基盤、全国の代理店網を組み合わせることで、事業を大きく成長させていきたいと思っております。

Q:マイカーリースは、まさにクルマのサブスクビジネスと言えると思います。太田さんはサブスクリプションのビジネスをどう捉えていますか。

クルマを持つと毎年かかる税金や定期的に受ける車検代など、クルマを持つコストというのはかなり高いです。

そのため、クルマに乗りたいけれど、維持費が高いのであきらめる人も多いでしょう。

それに対し月々定額で、さまざまなクルマに関わる費用をコミコミにしてクルマを持ちやすくしたサービスが「SOMPOで乗ーる」です。

SOMPOで乗ーる」が挑戦しているマイカーリース市場はまだ保有台数ベースで約25万台の市場です。しかしながら、他の業界でも変わってきているように、クルマも「所有する」という形から「利用する」に大きく変わっていくと予測しております。

その時代の変化の中で、私たちは「SOMPOで乗ーる」に「Anyca」を組み合わせることで「クルマの実質負担を軽減したモデル」に挑戦し、クルマの新しい持ち方を提案していきたいと考えています。

1N1A1650.JPG

また、クルマのサブスクビジネスを伸ばすためには、まず入り口となる認知が非常に大切だと思っています。

そこで私たちは、全国の代理店と共に、代理店が保有している保険契約の情報をもとに、最適なタイミングでサービスの案内を行なっています。

例えば、どんなクルマに何年乗っているかという情報は自動車保険契約者であれば把握できます。その情報に基づき、買い換え可能性が高いタイミングで、月々定額・全部コミコミの「SOMPOで乗ーる」で新しいクルマに乗り換えませんかと提案できます。

そして、最新のクルマであれば、自動ブレーキを代表とした安全装置がついています。今まで保険という「安心」を提供してきた代理店が、クルマ自体の「安全」も同時に提供できるサービスとなっているので、お客さまに真の安心・安全のカーライフを提供していけます。

加えて、安心・安全をベースにした「SOMPOで乗ーる」では、充実したメンテナンスプランも提供しています。メンテナンスプランには定期的な点検や車検などが含まれています。メンテナンスを定期的にお客さまへ案内することで、タッチポイントを増やし、「SOMPOで乗ーる」のサービス価値を体験いただけます。

タッチポイントがあることで、「Anyca」も定期的に案内することが可能となり、2社のシナジーを出せると同時にさまざまな提案をすることも可能になります。

ただ、DeNA SOMPO Carlifeのビジネスは始まったばかりです。

今後も継続して「SOMPOで乗ーる」を利用いただくために、DeNAとSOMPOホールディングスの強みを最大限活かし、サービスに反映していきたいと思っています。

Q:サブスクビジネスを伸ばす際に、難しいところはどのようなことでしょうか。

マイカーリースには今、さまざまな企業が挑戦しています。他社も日々サービスを向上させています。そのため、当たり前ではありますが、他社動向にアンテナを張り、「SOMPOで乗ーる」のサービス改善につなげていく必要があります。

世の中一般のサブスクのサービスはその料金と内容によって普及の分かれ目が来ます。

一般のサブスクとカーリースを比べても仕方がありませんが、今のサービスが成り立たなくなるような競合が他業界からも出てくるかもしれません。そのため、モビリティの全体像を見ながら常に新しい価値を出していく必要があります。その第一歩が「Anyca」との組み合わせであり、DeNAとSOMPOホールディングスの相乗効果を発揮すべきところだと思います。

今後、より独自性の高いサービスを提供していくことで差別化していきたいと思っています。

1N1A1711.JPG

Q:今後のビジネスの中で、チャレンジしたいことはありますか。

SOMPOで乗ーる」に「Anyca」を組み合わせ使ってもらう際に、あらかじめこの地域でこの車種であればいくらぐらいカーシェアとして受け取れるか可視化することで気軽にクルマを持ちたいと思う方を増やして行けると思っております。

それをサービスメニュー化できれば我々の独自性も強く出していけると思います。

また、ライフスタイルの変化に合わせ利用したいクルマは変わっていくと思います。買い替えサイクルのデータを今後蓄積することで、最適なサービス提供もしていきたいです。

DeNAとSOMPOホールディングスだからこそできる、新しいクルマの乗り方を提供し続けることで、一連のクルマのライフサイクルに対応していきたいです。



太田さん、ありがとうございました!
カーシェア、カーリースは確実に広がってきていますが、クルマとの様々な付き合い方が出来るようになっていくのは大変楽しみですね。

コロナ禍でクルマへの概念も大きく変わっていきそうだと思いました。
クルマのサブスクと言われるカーリース、継続することで利用客の属性や情報がどんどん蓄積され、やがてビックデータとして活用できる日が来るかもしれません。

カーシェア×カーリース、これからますますの相乗効果に期待したいです。

<プロフィール>

太田 直樹(おおた なおき)

株式会社DeNA SOMPO Mobility / 株式会社DeNA SOMPO Carlife 営業本部営業推進部 マネージャー。損害保険ジャパン株式会社に2008年入社し、10年営業を経験。本JV事業の立ち上げに携わり、20194月から2社へ出向中。現在は個人間カーシェア「Anyca」、マイカーリース「SOMPOで乗ーる」の企画、推進を担当。

<会社概要>

株式会社 DeNA SOMPO Mobility (ディー・エヌ・エー ソンポ モビリティ)
https://ds-mobility.jp
概要:株式会社 DeNA SOMPO Mobilityは、「安心・安全」な個人間カーシェア市場の実現を目指し、DeNAとSOMPOホールディングスによって設立された、モビリティ領域における合弁会社です。"乗ってみたい"に出会えるカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を運営し、クルマを使わない間にシェアしたいオーナーと、必要な時に好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングします。

株式会社 DeNA SOMPO Carlife (ディー・エヌ・エー ソンポ カーライフ)
https://ds-carlife.jp
概要:株式会社 DeNA SOMPO Carlifeは、SOMPOホールディングスとDeNAの強みを活かしたクルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」を運営しています。車検、保険料などもコミコミというシンプルな料金設定と、SOMPOホールディングスならではの安心・安全をプラスして、"アタラシイ"クルマのある暮らしをお届けします。

業務に活かせる無料資料をこちらからダウンロードできます!

BtoBサブスクビジネス 管理システム選定のポイント

img_useful.png

BtoBのサブスクビジネスの課題となる料金体や請求のタイミング、再販のモデルなどの管理の課題解決をホワイトペーパーでご案内しております。

ページトップへ